当組合について

 

​熊本地方卸売市場(=通称:田崎市場)内に事務所を置き、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的としています。

ご挨拶​

理事長 松枝 隆(まつえだ たかし)

 

平成28年4月14日、16日に発生した最大震度7強の平成28年熊本地震による震災は甚大な被害をもたらし地域経済や日常生活には支障をきたしています。そのため、住民生活や地域経済の根幹をなすインフラや被災家屋・事業所等の復旧工事が進められているが、いまだ道半ばの感があるものの着実な復興に向けた取り組みが行われています。

そのような環境下にあって、青果業界を取り巻く環境は、慎重な個人消費や少子高齢化に代表されるような消費者ニーズの多様化、無秩序な大型商業施設、更にはコンビニや道の駅(直売所)等の進出もあって厳しい経営環境にあります。一方、顧客との対面販売が中心の当業界では、「安全・安心な商品を安定的に供給する」ことをモットーに地域に密着した地域振興や伝統文化の継承活動等を通じて顧客との信頼関係を構築し、対面販売をツールに青果業界ならではのサービスや情報の提供に努めています。

熊本青果食品商業協同組合では、傘下組合員のニーズに対応するために組織の英知を結集して組合員の経営支援事業や販売促進策の検討に加えて情報技術(IT)を活用した各種のデータ受発信事業を積極的に推進することといたしております。

今後は、これら新システムを活用して組合員の更なる発展と組合活動の活性化、加えて地域経済の振興に努めてまいりたいと存じます。

組合概要

 

名   称:熊本青果食品商業協同組合

住   所:〒860-0058 熊本市西区田崎町380 市場会館1F

設立年月日:昭和28年12月2日

出 資 金:4,360千円

組 合 員 数:282名

職 員 数:4名

組合の主な事業

 

1.組合員の青果卸市場より購入する青果物代金の代行払い

2.組合員の必要とする取扱商品及び営業用備品等の共同購入並びに共同施設の管理運営

3.組合員に対する事業資金の貸付(手形の割引を含む。)及び組合員のためにするその借入

4.株式会社商工組合中央金庫、株式会社日本政策金融公庫、銀行、信用組合、熊本県信用組合に対する組合員の債務の保証、

 またはこれらの金融機関の委託をうけてする組合員に対するその債務取立て

5.組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結

​6.組合員の事業に関する経営および技術の改善向上または組合事業に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供

7.失業保険法第5章の3の規定による失業保険事務組合としての業務および労働者災害補償保険法第4章の3の規定による

 労災保険事務組合としての業務

8.組合員の福利厚生に関する事業

​9.前各号の事業に附帯する事業

組織図