​平成29年度 事業計画

 

​◇基本方針◇

目的

熊本青果食品商業協同組合では、熊本県中小企業団体中央会「平成29年度取引強化推進事業」を活用して組合員の売上増と経営安定及び地域経済の活性化等を図るため、通販事業を通して青果物の販売を行うことを目的と推進してまいります。

​平成28年度 事業計画

 

​◇基本方針◇

熊本青果食品商業協同組合では、傘下組合員のニーズに応えるため組織の英知を結集して組合員の支援事業に取り組むほか、弁護士、税理士、中小企業診断士などによる「経営支援アドバイザー 事業」の充実や組合活性化委員会を中心に活性化策の協議を行う、一方、国の補助金等を活用した「組合等情報ネットワークシステム等開発事業」を通じて組合員が手軽に各種のデータ収集、インターネットによる検索システム、緊急メール発信等の情報技術(IT)を活用できるよう進めています。 

また、市場取引の円滑化のため関係行政機関や荷受各社等との懇談会の開催や青果物の消費拡大に向けた広報事業を行うとともに、税制改革、各種補助金等の充実を図るための要望活動を行う一方、講習会等を開催し組合員の繁栄と青果業界の更なる発展に資する事業を積極的に展開して参ります。

■事業方針

1.組合員活性化に向けた支援事業の拡充
2.市場取引運営対策の実施
3.青果物の消費拡大運動推進
4.積極的な要望活動の実施

平成28年度お客様感謝祭での熊本城復興支援金を熊本市長様へ…

組合情報ネットワークシステム開発事業
 
新組合システム導入

 

新代行払いシステムの開発で、ネットワーク環境のない組合員の皆様でも事務局内に設置した端末で情報の検索や印刷ができるようになりました。

​また、ネットワーク環境がある会社や自宅で当日データの最新情報や取引履歴および残高照会等が確認できます。

​PC・スマートフォン・iPadなどでの閲覧が可能です!

公式ホームページや一斉送信メールの導入

 

ホームページによる情報の提供で事務局からのお知らせやセミナー開催情報、各種イベント案内を実施します。

​また、一斉送信メールにより、台風や地震などの市場の休場の決定など緊急時の告知を行います。

将来の拡張性

 

消費税増税に対する軽減税率の適用や振込先銀行の多様化への対応、共同購入窓口を含む事務代行などを視野に入れて

取り組んで参ります。